500文字日記

1記事1分で読める雑記ブログ

#101 どうせ行くなら遠くまで 後半

前回。

 

一人なら5分で行ける道も、幼児が一緒だと30分かかる事もある。一人だと出来たての料理を好きなペースで動画でも見ながら食べれるけど、赤ちゃんが一緒だと離乳食一口食べさせるだけでもマジで30分かかるし、自分の食事なんてゆっくり取れる事の方が少ない。生産性もクソもない。当たり前だけど子ども優先。勿論、子どもだけじゃなくパートナーも。当然、愛ゆえに一緒にいるのが楽しくて結婚に至り、現在未来もそうなんだけど。僕含め自分の時間も大事にしたいタイプの人からすると自身の時間また労力お金を自由に使えない状態が続くのは正直、楽ではない。効率もクソもない。

 

※愚痴っぽくなってるかもだけどここまでは前フリです

 

生産性も効率も、自由までも度外視した修行のような生活を経験した者だけが辿り着ける境地がある。それこそ一人ではいけない遠くまで行ける権利。そして、それは天才じゃなくても得られる。僕のような凡人は家庭を最優先にして、仕事はそれなりに、合間に趣味も楽しむワークライフバランス至上主義型でゆっくり遠くまで進んで行くのが堅実。連日現実逃避じゃなく。育休も出来るだけ長く取ってね。

 

あと、ビジネスシーンと違ってロジックが通じない家庭世界、不条理や理不尽の連続に慣れる為、怒りにくくなるメリットもあり。失敗にも寛容に、てかそれが当たり前になる。包容力!モチベーションを引き出す?おこがましい。乗せてあげるスキルも磨ける。本当、育てているようで育てられている。ボランティアやノブレスオブリージュ精神もいいけど、自分の家族を笑わせてるか?幸せに出来てるのか?今一度考えて行動したい。

 

遠くまで行く道中、そこでしか見れない景色をもっとじっくり焦らず。楽しみながら進んで行こうって話。