500文字日記

1記事1分で読める雑記ブログ

#071 「ヤクザと家族 The Family」を観た

映画「新聞記者」の監督と制作スタッフ(スターサンズ)が再集結。ヤクザ映画だけどタイトルの通り、ヤクザとその家族を描いた作品。

 

携帯も契約できない、銀行口座も作れない、家も借りられない、ロクなシノギ(仕事)もない。ヤクザでは食えない時代。しかもヤクザを辞めても5年はヤクザ扱い(5年ルール)。さらに、一般人もヤクザ、反社と交流があると知られただけで噂が回り仕事も解雇、学校にも居づらくなる…。この辺りは実際に芸能人の例を見ても厳しいところだけど、一般人からすると本当に生きていけないくらいキツいよね。

 

感想としては「イキった19歳、羽振りのいい25歳、ショボくれた39歳」時代ごとに猫背、堂々とした佇まい、なで肩を演じ分けた綾野剛がやばかった。もちろん、39歳の時の枯れ具合が一番好き。ちなみに第一章は煙に巻いてきた人生、第二章は狼煙をあげる人生、第三章は煙たがられる人生と「煙」がキーワードになっているそう(公式サイトの説明より)。

 

あと大原(二ノ宮隆太郎)は「全裸監督」でもヤクザの舎弟役やってた人だよね。このポジションの役、適任すぎて笑ってしまった。

 

www.yakuzatokazoku.com

 

497文字終わり。本日もお疲れ様でした。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

※いきなり太字ですみません 

 

はてなスター、はてなブックマークくださるブロガーさんへ

→全て確認できないかもですが「なにか良いことありますように」と名古屋の片隅から大感謝します。

 

読者登録してくださるブロガーさんへ

→全て確認し、僕も読者登録させていただきます。

↓差し支えなければ読者登録お願いします!  

 

 

コメント欄は閉じてます。

何卒宜しくお願い致します。

 

当ブログ「500文字日記」は毎日更新ゆるふわ継続中。

明日も19時更新予定!